わきがと遺伝について

わきが,遺伝

この記事ではわきがと遺伝の関係についてお話をさせていただきますが、わきがと聞いてまだ10代の若年層の方は自分には関係のない話だとお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、実はそんな方にこそよく読んでいただきたいと思います。

 

男性の方に限らず女性の方でも実はわきがは遺伝するのです。

 

そもそもわきがの仕組みと言うのはアポクリン汗腺と呼ばれる分泌腺から出た汗が原因となります。

 

他にも汗腺はあるのですが、どうしてアポクリン汗腺だけが問題になるのかと言いますと、アポクリン汗腺から出る汗と言うのは脂質類などを含んでおりますのでサラッとした透明な汗とは違いまして、白く濁ってドロドロとしているのです。

 

また臭いを発しますので、アポクリン汗腺の数が多ければ多いほど臭う汗が発汗されますのでワキガになる可能性が高いと言うことになるのです。

 

そして皆さまがご両親と顔形が似通って生まれてくる様に、アポクリン汗腺の量もしっかりと遺伝されるのです。

 

ですのでもしも皆さまの父親か母親がわきがの場合には男女関係なく50%の割合でわきがが遺伝すると言うことになり、また両親のどちらもわきがの場合には80%違い確率で遺伝すると言われています。

遺伝性わきがが分かる年齢層

わきが,遺伝

この様なことから確率で言うと皆さまがわきがではない可能性も50%ある訳なのですが、実際にわきがかどうかと言う真相は私たちの体が一番発育をする成長期であり思春期でもある年齢層の時に分かることが多いのです。

 

ですので20歳を過ぎても特に脇の臭いが気にならないと言う方はわきがの心配はないでしょうし、逆に17歳位でもただわきが臭いと言うだけではなくて特有の強い刺激臭を発する様でしたらわきがの可能性があります。

 

なのでもしかしたら自分はわきがなのではないかと思ったらご両親に確認をしてみると遺伝性の物なのかどうかと言うことが分かります。

 

遺伝性わきがではない場合

わきが,遺伝

逆に実は案外自分はわきがだと思っていたら単純に洋服に汗が付いて雑菌が繁殖をしていただけだったと言うパターンもありますし、脇毛の処理をしていなかったことで臭いがこもってしまっていたり、風呂に入った時にちゃんと洗っていなかっただけど言うことも十分にあり得ます。

 

また普段の食生活において肉類が多い方も体臭がキツくなりますので、わきが臭うからと言ってご両親に問いただす前にご自身の生活全体を見直してみると良いでしょう。

 

わきがの対処法

わきが,遺伝

生活全体には問題がなく、しかし両親がわきがだったと言う場合にはやはり遺伝性わきがの可能性が高いと言えるでしょう。

 

その場合にはいくら両親に文句を言っても両親もアポクリン汗腺の遺伝までは管理しきれませんし、相談をさても治りませんので、前向きにわきがの対策法を考えた方が良いでしょう。

 

実際にわきがを治すにあたっては手術によってアポクリン汗腺を排除する方法があるのですが、そこまで大げさにしてしまうと費用も時間もかかってしまいますので、普段の生活の中でできるわきが対策を行った方が良いと言えるでしょう。

 

しかしだからと言って食事を中心とする生活全体を見直すことは容易ではありませんし、また見直した所で急に治る物でもありませんので一番お勧めの方法と致しましてはわきが専用のクリームを活用することです。

 

現在ではわきがケアのためのデオドラント商品の消臭に関する品質レベルも上がっておりまして、特にクリームについては単に脇に塗るだけでケアができますのでスプレータイプの様に他の部位に飛び散ったり洋服を濡らしてしまうとこともありません。

 

また今までわきがケアを行ったことがなく、いきなりクリームを使用することに対して抵抗がある場合にはメーカーによって返金保障が付いている会社もありますので各社のウエブサイトを確認してわきがクリームを検討してみると良いでしょう。

 

>>効果の高いわきが対策クリームはこちら